ごはんをかえるだけで 人生は変わる

娘が食事を作るようになって

で 就職活動が上手くいかず うつうつしていた時に買った書籍。


さあ お盆に入ったからなんて 別に仕事は山積みなんだけど

とりあえず 気分的に読んでみよ!!! なんて 読み始めた。


読み始めた最初から なんか わかる気がする。と 引き込まれました。


台所は神様が宿る場所

ただそれだけじゃなく 

その人の気持ち 

その人の生き方

その人の存在自体が そのキッチンに宿っているということのようです。


作る時間も儀式であり

そして 食べることも儀式

そういえば 丹生川上の宮司さんも同じようなことをおっしゃっていました。

同じレシピで作っても この人が作ったものの味は違うんだよ と…


この書籍の最後に書かれた熱い言葉。

本当にほしいもの、強く、太く、長く心に念じた「真の願い」は

誰がどう言おうと なにをしようと必ず形になり、

現象として現れるもので 放っておいても 自然とかなっていく


これは きっと 

彼女が実体験で得た言葉です。


最初に書いた娘は

この本を読んだかどうか…定かではありませんが

その後 最終的に自分の希望していた道

中国語が毎日使える仕事に就きました。

そして 家を出ましたが 帰ってくるたびに

毎日のお弁当の具材を家の台所で作り寮にもって帰っています。


食事って大事です。






neverLand

自然体な生き方や暮らし ちょっぴり気分が上がる お店や時間 力を感じる場所  ナチュラルで透明感のある 世界観 日々 心地よくゆたかに暮らすための一コマ

0コメント

  • 1000 / 1000